ぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーぅ、ベストポジションです

PB030557

BNR32 GT-Rです

Vpro3.4とノックアンプ3を付けて

ちょっと前に散々自慢をしたのですが

それっきり何もしてませんでした

で、そろそろセッティングを開始しようと

一人セッティングです

こうった仕事の時はほとんど助手席だったのですが

今回は運転も私です

こういった車を運転するのは久しぶりです

いやぁ〜、ワクワクしますねぇ〜

と言うほど喜んでいられませんでした(-_-;)

あ〜

プリウスとかいいなぁ〜

なんて思ったら駄目です

PB030555

まずは下と中間、そしてパーシャルにアクセルの付きは実走でとることに、

シャーシダイナモ系の装備でもできなくは無いのですが

車の動きを感じ取るには実走に叶うものはありません

特に下や中間、パーシャルにシフトアップしてからの加速時

など実際に動いているときのほうが

当然ですがそのレスポンスをリアルに感じて

とることができます

PB030556

今回は最終的にはダイナパックに載せて

とる予定ですがそれは上の領域

高速パーシャルとか前回で吹けきるところですね

この車両だと大体4000回転くらいから立ち上がって

4000回転後半には設定ブーストになりレブの8500回転まで

その立ち上がり位までは私的には実走の方が良いかと

設定ブーストになりレブまでの所は、シャーシダイナモ系

今回はダイナパックですが、そこで回しても負荷がずれることがありません

過去の経験談ですとシャーシダイナモでもメーカーによってありありですが

低速、中間域、立ち上がり辺りが一段上の軽い負荷部分を拾ったり

することが有りますので、そういったズレが生じると

実際に車を走らせてマップのトレースがシャーシダイナモと

違う部分を拾って動くとなると、その数字に同調が取れてないと

全く力も何も出ません

なんとなく下と中間が回って上だけドッカンなんて事も有りますよね

付けるタービンの大きさやエンジンの性能によって

持ってる物に対してのトルク変動はありますが

できるだけそれに見合う性能を引出して同調をると良いと思いますよ







                     それでは